偕楽園

偕楽園
偕楽園

日本三名園のひとつ、水戸の偕楽園。1842(天保13)年に、ときの水戸藩主・徳川斉昭公が造園した。「偕楽園」の名は、「領民と偕(とも)に楽しむ園」にしたいという斉昭の意思によるもの。現在もこの斉昭の意思を引き継ぎ、日本三名園の中では唯一、「好文亭」を除いて園内入場無料である。

偕楽園
偕楽園

偕楽園は梅の花見どころ。2月下旬から3月下旬の「水戸の梅まつり」は、ライトアップされた梅の花の下、大勢の観光客が訪れる。水戸市のみならず茨城県をも代表する公営庭園である。

偕楽園
所在地:茨城県水戸市見川1-1251 
電話番号:029-244-5454
http://www.koen.pref.ibaraki.jp/park/kairakuen01.h..



PAGE
TOP