古河長谷観音

真言宗豊山派の寺院。日本三大観音のひとつで、室町幕府を開いた足利尊氏の子孫である足利成氏が、古河城の鬼門除けとして、鎌倉長谷寺から木造長谷観世音菩薩様を勧請して建立した。正式名は「明観山観音院長谷寺」。 本尊にある丈六尺八寸一分の十一面観音は、古河市の有形文化財(彫刻)に指定されている。明治時代に一度、廃寺となり、当時あった八間四面勾欄付き赤塗の荘厳な伽藍も破壊されたが、大正時代に再興された。古く .....


PAGE
TOP