古河城本丸跡

古河城は、鎌倉時代初期から存在した平城で、渡良瀬川の東岸に浮かぶようにして築かれていた。江戸時代には江戸防備と物流の要地として栄えていたが、明治維新の際に解体され廃城となり、大正時代には渡良瀬川の改修工事により大半が水没・消滅し、現在は河川敷となっている。 水の中に浮かぶ要害の面影はほとんど残っておらず、三国橋と新三国橋の間の堤防上に立つ「本丸跡」の標柱や、街のあちこちに残る土塁や堀跡などが、当時 .....


PAGE
TOP