鷹見泉石記念館

古河歴史博物館の向かい側にある。古河藩士たちの武家屋敷の一つで、古河藩家老で蘭学者でもあった鷹見泉石が、隠居後、蘭学に勤しみつつ最晩年を送った住居。古河城の三階櫓を作ったときの残り材を使って建てたと伝えられている建物を改修して公開している。泉石の死後はしばらく空家になっていたが、明治維新期に再入居した鷹見家の所有となったため、泉石の残した膨大な資料が代々の子孫に守られ今日に伝えられた。かやぶき屋根 .....


PAGE
TOP