金龍寺

金龍寺
金龍寺

1417(応永24)年に新田氏の開基により、天真を開山として創建されたとされるのが、この金龍寺である。その後は新田氏の菩提寺となり、新田義貞の墓が本堂裏手にある。現在地に移ったのは、1665(寛文6)年のことという。曹洞宗の寺院であり、本尊は釈迦如来。国の指定文化財として指定される「絹本著色 十六羅漢像(けんぽんちゃくしょく じゅうろくらかんぞう)」が所蔵されている。これは、新田義貞が執権北条高時を滅ぼした1331年(元弘元)頃の14世紀前半の制作と言われ、美術史的な価値も高いとされる。

金龍寺
所在地:茨城県龍ケ崎市若柴町866 
電話番号:0297-66-3469
http://www.city.ryugasaki.ibaraki.jp/kinnryuu



PAGE
TOP