取手宿

取手宿
取手宿

江戸時代、取手には現在の取手駅付近から八坂神社辺りに、水戸街道沿いの宿場町「取手宿(とりでしゅく)」が置かれ、利根川水運の拠点・物資集積地としても大いに賑わった。県道11号と常磐線が交差する辺りから念仏寺の辺りまでは現在も、水戸街道を通る大名の本陣に使われていた染谷家住宅など当時の建築物が保存されており、宿場町として栄えた面影と、利根川で獲れる鯉や鰻など川の幸が生んだ「美(うま)し国」の所以をここに見ることができる。

取手宿
所在地:茨城県取手市取手2ほか 
http://www.asahi-net.or.jp/~mc9m-mmy/toride-syuku/..



PAGE
TOP