牛久市立中央図書館

1993(平成5)年に開館した公立図書館。22万冊の蔵書を持ち、市民の知的好奇心を満たす場として親しまれている。夜の9時まで開館しているため、仕事帰りで遅くなった時や、ゆっくりと調べ物をしたいときにも重宝する。貸し出しは、図書・雑誌がひとり10冊以内、CDはひとり3点以内、紙芝居はひとり2点以内の貸し出しで、期間はすべて2週間となる。 図書館の前には知恵の神の象徴といわれる、彫刻家の一色邦彦氏の手 .....


PAGE
TOP