氷川神社

御祭神に、須佐之男命(すさのおのみこと)、稲田姫命(いなだひめのみこと)、大己貴命(おおなむちのみこと)をもつ「氷川神社」。 創立は孝昭天皇3年、今から2,400年ほど前のこととされ、聖武天皇の時代には武蔵国一の宮と定められた由緒ある神社だ。かつての武蔵国(東京、埼玉、神奈川)に点在する「氷川神社」の総本社で、大宮という地名も「氷川神社」を“大いなる宮居”と称えたことに由来 .....


PAGE
TOP