メルシーノグチ

メルシーノグチがあるのは、昔ながらの小さな商店街やスーパーマーケットが並ぶ、七里地区の一角。テレビや雑誌などのメディアにも数多く掲載される、大人気のパティスリーだ。

メルシーノグチ自慢の「うこっけいのしあわせプリン」
メルシーノグチ自慢の「うこっけいのしあわせプリン」

看板スイーツは、稀少な純血種の烏骨鶏の卵をつかった「うこっけいのしあわせプリン」。店主である野口さんのケーキが大好きだという近所の養鶏所さんから、「ぜひこれで美味しいスイーツを作って欲しい」と、養鶏所自慢の烏骨鶏の卵を手渡されたことから生まれたのだとか。
「本当に美味しいたまごだから、その美味しさをそのまま感じられるようなものを作りたいと、随分考えました。お年寄りから子どもたちまで、みんなが楽しく食べられるようなものがいいなと」と野口さんは話す。

ディスプレイもかわいい店内
ディスプレイもかわいい店内

そうして試行錯誤を繰り返すこと2年。烏骨鶏の卵のやさしい甘みとコクがとろ~りとろける、特別なプリンが完成。使用するのは牛乳、クリーム、烏骨鶏の卵、砂糖の4種だけ。添加物はもちろん、バニラエッセンスやリキュール類も一切加えていないのがこだわりだ。底にあるほろりと香ばしいカラメルが、その美味しさを一層引き立てる。

メルシーノグチの外観
メルシーノグチの外観

「美味しいものをつくるのは、決して難しいことではないんです」と野口さんは言う。
「美味しい素材をつかって、基本通りに、シンプルにつくること。そして一番大事なのは、“おいしくなあれ”と気持ちをこめてつくることですね。どんなに偉い人でも、それはきっと変わらないんじゃないかな」。

毎朝気持ちをこめてつくられる、野口さん自慢の洋菓子たち。
来店の際には、一つひとつのスイーツが持つエピソードを聞いてみてはいかがだろうか。

メルシーノグチ
所在地:埼玉県さいたま市見沼区大谷1774-1 
電話番号:048-683-1657
営業時間:9:00~19:30
定休日:水曜日
http://merci-noguchi.jp

さいたま市見沼区のitot


PAGE
TOP