埼玉県さいたま市桜区

埼玉県さいたま市を構成する10区のうち、最も自然環境に恵まれた区である、桜区。隣の富士見市・志木市との境を流れる大河、荒川と、「荒川総合運動公園」などの河川敷、区役所の近くを流れる鴨川で、区の総面積の3分の1ほどを占める。区の名「桜区」は、国指定の天然記念物であるサクラソウが自生する「田島ケ原サクラソウ自生地」が区内にあることから名づけられた。区の花もサクラソウ。荒川河川敷に100ヘクタールもの広 .....


PAGE
TOP