Vin et Kappou irisa

Vin et Kappou irisa
Vin et Kappou irisa

2008(平成20)年のオープンより“和食“と“ワイン”をテーマに据えたまったく新しいスタイルの食空間を提案し続けている「Vin et Kappou irisa(ヴァン エ カッポウ イリサ)」。厳選したフランス産ワインとの相性を考えて編み出された和の創作料理には、20年以上にもおよび和食の料理人として経験を積んできた店主の職人技とセンスが活かされている。

再開発により整備された町並みが印象的なJR線「浦和」駅東口より徒歩約5分。落ち着いた雰囲気が漂う住宅地の一画に、レンガをあしらった洋風なたたずまいのお店を発見。店内にはU字型にレイアウトされた14席のカウンターがあり、白い割烹着をまとったご主人と笑顔の素敵な女将が迎えてくれた。

ゴーヤと海老の炒め物
ゴーヤと海老の炒め物

R&Bの流れる店内には、200種ほどの銘柄を揃えたワインが壁一面に並べられ、“割烹“に抱く一般的なイメージとは異なる空間にますます興味を覚える。一品料理を中心としたメニューは、いずれもワインをより美味しくいただくための食材を用い、肉料理やお刺身をはじめ、煮物や創作料理など扱う食材も多岐にわたる。入口のそばにある黒板メニューが本日のお品書きとなり、季節や仕入れにより変わるメニューも、文字からだけでは想像できないさまざまな趣向が盛り込まれている。「おしんこ」ひとつをとっても、シャンパンで漬けたという想像をはるかに超える一品で、はじめて口にする料理に抱くドキドキ感もまた、ファンを魅了するポイントの一つだろう。

煮物
煮物

取材時にご用意いただいたのは、「そうめんかぼちゃ」を用いたさわやかな風合いの煮物と、パクチーが添えられたゴーヤと海老の炒め物。煮物に象徴される和食の繊細な味付けは、上質なフランス産のワインとの相性も抜群のようで、ワインを飲み慣れた人にも新たな気づきをもたらしているようだ。

ゴーヤと海老の炒め物
ゴーヤと海老の炒め物

またオリエンタルなイメージで仕上げたゴーヤと海老の炒め物は、直感的に感じるスパイシーな味付けで、食べ進めることで食材の甘みに気がつく興味深い一品だ。料理に合うワインは経験豊富な女将にアドバイスをいただくのはもちろん、ラベルのデザインと瓶に直接書き入れた値段を頼りに選ぶのも楽しいだろう。貸切での利用にも応じてくれるようで、10名以上の要相談。コース料理も3,000円と5,000円の2つのコースがあり、食材の仕入れの都合により3日前までの予約が必要だ。接待利用も多いため、子どもを連れての来店の際は事前に問い合わせてみるのが良いだろう。

※本文中の内容等は取材時のものです。変更している場合がありますのでご了承ください。

Vin et Kappou irisa
所在地:埼玉県さいたま市浦和区東仲町18-7 
電話番号:048-882-3243
営業時間:17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:火曜(祝日の場合は営業)



PAGE
TOP