南浦和駅

1961(昭和36)年7月1日に、浦和市(現・さいたま市)の人口増を起因として開業した「南浦和」駅。JR京浜東北線とJR武蔵野線の乗り換えターミナル駅として、2013(平成25)年度には1日の乗車人員が約59,000人を数え、埼玉県内から都心に向かう多くの人たちに利用されている。京浜東北線においては、東京方面に向かう電車の多くが同駅を始発駅としており、朝はその始発列車に乗ろうとする乗客が列をなす風 .....


PAGE
TOP