ステーキハウス 磐梯

ステーキハウス 磐梯
ステーキハウス 磐梯

ステーキは焼き加減が勝負だ。いくら高級な肉であっても、仕上げのタイミングを逃してしまったら、美味しさは半減してしまう。色の変わり具合、弾力、肉汁の量などを細かに判断しながら焼き上げられたステーキこそが、肉の旨みを最大限に引き出すことができるといえよう。

「ステーキハウス 磐梯」の店長・渡辺時雄さんは、ステーキの一番美味しい焼き上がり状態を知っている。食材に対する厳しいこだわりと豊富な経験、鮮やかな手さばきでステーキを仕上げる姿は、さながら「鉄板の魔術師」だ。

磐梯
磐梯

この店のステーキは、目の前で焼きながら提供される。高級店にはよくあるスタイルだが、珍しいのはカウンターのみならず、テーブル席にも鉄板があり、ランチからディナーまでお客様一人ひとりのステーキを仕上げてくれるという点だ。

ステーキハウス 磐梯
ステーキハウス 磐梯

まず鉄板に油を敷き、スライスしたにんにくをカリっとした状態まで炒める。そこに肉を置き、軽く塩コショウ。肉の状態を見つつ、並行して野菜を炒める。頃合いを見て肉を裏返し赤ワインを振ると、肉の旨みの凝縮された香りがぱっと立ち上がり、否応なしに食欲をそそられる。焼きあがったばかりの肉を口に入れると、その柔らかさと言い様のない絶妙の歯応えに驚く。自家製のみそだれとマスタードがほとばしる肉汁と程よく絡み、自家製のぽんずでいただく炒野菜はシャキシャキとして付け合せにぴったりだ。

ステーキハウス 磐梯
ステーキハウス 磐梯

「油の入れ加減、鉄板の温度などにも気を使いますね。また、カットする時の包丁の入れ具合でも、仕上がりは変わってくるんですよ」と話す渡辺店長が、この地に自分の店を構えたのは30年以上前のこと。最初は鉄板の厚さを12mmに設定。しかし、焼き上がりに違和感を覚えた渡辺店長は、鉄板の厚さを13mmに変更し、テーブルを全部取り替えたという。鉄板の厚さ1mmに味が左右されるほど、ステーキは奥が深い。

人気は、ご飯、味噌汁、おしんこ、スープが付いたランチメニューで、「ステーキランチA」1,050円、「鉄板焼ステーキランチB」1,575円。質・量・味共に満足のメニューということで、ビジネスマン、OLの評判が高い。また、ディナーは特選和牛を使った「スペシャルフルコース(ロースまたはヒレ。スープ、サラダ、魚介類、ライスまたはパン、炒野菜、フルーツ、コーヒーまたはアイスクリーム)」10,500円をはじめとする各種コース、単品のアラカルト、4~6名向きの「ファミリーコース(ロース、スープ、サラダ、ライスまたはパン、炒野菜、コーヒーまたはアイスクリーム)」8,925円などのメニューがおすすめ。

ステーキハウス 磐梯
ステーキハウス 磐梯

「創業以来、メニューはまったく変えていません。ステーキのつけだれも、サラダのドレッシング、マヨネーズもみんな自家製。おしんこも私が漬けたものなんです(笑)。昔からのお客様は、ここに来れば質も味も変わってないから安心して食べられるとおっしゃってくれます。これも美味しさの条件だと思うんです。これからもお客様に満足してお帰りいただけるように努力していきたいですね」(渡辺店長)

ステーキハウス 磐梯
所在地:埼玉県川越市脇田本町6-9 プラザビル B1F
電話番号:049-245-7736
営業時間:11:00~14:00、16:30~20:30(日曜、祝日は12:00~)
定休日:臨時休あり
http://bandai.kakurezato.com/



PAGE
TOP