小麦市場

小麦市場
小麦市場

川越市から国道254号を走ること数分。入間川と越辺川を渡る橋の近くに、イタリアンレストラン「小麦市場」がある。2007(平成19)年の開店以来、その名のとおり、小麦を使ったパスタやピザが人気を集めている店だ。

経営するのは、川越市内にアジアンフレンチダイニング「味市場」や、古民家を改装した和食・寿司店「風凛」などの人気店をもつ会社。魚介類から野菜まで、素材の目利きに精通した社長が選び抜き、素材を共同で仕入れているため、ここ小麦市場でもフレッシュな野菜や魚介類を楽しむことができる。

小麦市場
小麦市場

食材は川越近郊のものを意識的に仕入れ、例えば豚肉は川越ブランド「ミオ・カザロ」の黒豚やソーセージを、野菜は大宮の契約農家から仕入れる旬野菜などを多く用いている。これらの素材を調理するのは、イタリアンに精通した若手のシェフ。熟練の目利きと若手のセンスが、この店の味の確かさと洗練されたサービスを支えている。

「小麦市場」の魅力は料理だけではない。もうひとつの看板が「小江戸ビール」の存在だ。小江戸ビールは市内の協同商事が製造する地ビールで、小麦市場ではその一部醸造も担っている。「工場」兼「地ビールレストラン」というわけだ。

小麦市場
小麦市場

店内奥にはクラシカルなビール釜があり、季節限定で少量生産されるビールを仕込んでいる。イタリアンとビール、ミスマッチな組み合わせにも見えるが、小さめのグラスに注がれるビールは上質な存在感と味わいで、ワインに代わって料理の味を引き立ててくれるだろう。

小江戸ビールの缶は市内の酒屋などでも手に入るが、この店で味わえるのは生ビールだ。生ならではのフレッシュ感は、ビール通にはたまらない魅力である。小江戸ビールには「伽羅」「漆黒」「瑠璃」「白」「純赤」の5種のほか、季節限定のビールがある。写真左側はスタッフお薦めの「伽羅」で、ドイツ大使館の御用達の一品として納品されているものだという。

小麦市場
小麦市場

写真右側の「漆黒」は濃厚で飲み手を選ぶ味と風味だが、一度ハマればリピートせずにはいられない味ということだ。「純赤」はサツマイモベースの赤みがかったビール。川越らしいひと品でこれも興味深い。ちなみに、日本人が一般的に好む味は「瑠璃」ということだ。

ビールに合わせるソーセージなども各種揃えているので、グラスを片手に語らいの時間を楽しむのも良いかもしれない。ビールは各種250円からのミニグラスも用意されているので、飲み比べを楽しむのも良さそうだ。

1 2 3 


PAGE
TOP