文化財センター分館郷土資料館

「文化財センター分館郷土資料館」は、郷土・鳩ヶ谷の歴史や文化を分かりやすく紹介している施設。かつての日光御成街道から入ってすぐのところにある。「鳩ヶ谷の歴史と民俗」「鳩ヶ谷の生んだ偉人」「昔の生活道具・遊び」を常設展示とし、鳩ヶ谷の「いにしえ」を未来へ伝える役割を果たしている。

鳩ヶ谷郷土資料館
鳩ヶ谷郷土資料館

2階で見られる「鳩ヶ谷の歴史と民俗」では、原始から近代の時代までの代表的な文化財を展示。「昔の生活道具・遊び」では、このあたりの農家の暮らしぶりや商家の様子、伝統工芸の釣竿を作る工房を模したものや製作工程の映像などを見ることができる。3階は「鳩ヶ谷の生んだ偉人」のコーナー。江戸期の社会教育家・小谷三志や、明治期の彫刻家・大熊氏広の偉業を紹介している。

鳩ヶ谷郷土資料館
鳩ヶ谷郷土資料館

展示品を眺め、市内に点在する文化財をもっと見たくなったときは、1階の入り口脇にある文化財案内板で、何がどこにあるかを確認してみよう。大昔の鳩ヶ谷の地形なども見ることができ、ますます歴史や文化への興味が湧いてくるはずだ。

文化財センター分館郷土資料館
所在地:埼玉県川口市鳩ヶ谷本町2-1-22 
電話番号:048-283-3552
観覧時間:9:30~16:30 
休館日:月曜日(祝日の場合は直後の平日)
    祝日の翌日(祝日・月曜日の場合は直後の平日)
    年末年始(12月29日~1月3日)

http://www.kawaguchi-bunkazai.jp/kyoudo/



PAGE
TOP