CAFE ENZO(カフェエンツォ)

CAFE ENZO(カフェエンツォ)
CAFE ENZO(カフェエンツォ)

JR「蕨」駅より徒歩7分。築50年の民家を改装して2011(平成23)年にオープンした「CAFE ENZO(カフェエンツォ)」。近隣では珍しい手作り感あふれるカフェスペースが評判を呼び、「芝銀座通り商店会」のあらたな可能性を秘めたお店として注目を集めている。

家具、インテリアを嗜好するオーナーが約半年かけてみずからの手でリノベーション。訪れるお客さんの多くは地元の女性客を中心に、土日はカフェ好きのマニアやカップルが口コミを通じて遠方からも足を運んでいるようだ。商店街という土地柄か小学生からおばあちゃんにいたるまで客層が幅広いのも特徴で、地域の憩いの場として欠かせないスポットになっているようだ。

カフェエンツォ 店内
カフェエンツォ 店内

店内には1階のカウンター席のほか、2階にはテーブル席が設けられ、店主お気に入りの家具やインテリアがレイアウトされている。注文をしてからハンドドリップで入れるコーヒーも好評で、コーヒー豆を挽く音や2階まで立ちのぼる香りにくつろぎのひとときを過ごすことができる。

ナスとズッキーニとベーコンのトマトソースパスタ
ナスとズッキーニとベーコンのトマトソースパスタ

取材時にはランチメニューとおすすめのデザートをご用意いただいたのだが、カフェならではの感性を刺激する可愛らしい盛りつけに思わず笑みがこぼれてしまった。几帳面に盛りつけられた「ナスとズッキーニとベーコンのトマトソースパスタ」は視覚的にもユニークで、楽しみながら食事ができる同店ならではのエッセンスが盛り込まれている。季節や仕入れ、用いる食材により内容も盛りつけも変わるためどんな料理に出会えるかは訪れてのお楽しみ。ドリンク、サラダ、スープがセットになって850円からとリーズナブルかつ充実の内容にも大満足だ。

栗かぼちゃのブラウニー
栗かぼちゃのブラウニー

セットで注文すると通常480円が200円で楽しめるお得なデザートにも注目。店舗入口にならぶ3種のブラウニーから季節限定の「栗かぼちゃのブラウニー」をいただいたのだが、ナッツやレーズン、はちみつなどでデザインされたケーキも独創的で、遊び感覚満載のカフェメニューにすっかり魅了されてしまった。

ヨーロッパのお洒落なカフェをイメージして名付けた「CAFE ENZO(カフェエンツォ)」も、いつしか「エンゾー」と呼ばれ親しまれるようになり、敢えて訂正をせずそのまま笑顔で受け入れる店主の姿勢もおだやかで心地良い。19時からのバータイムには、ドイツビールの「レーベンブロイ(生ビール)」が小サイズ380円で楽しめるためこちらもおすすめ。近くに立ち寄った際にはぜひ一度訪れてみたい。

※本文内のメニュー、価格等は取材時のものです。変更している場合がありますのでご了承ください。

CAFE ENZO(カフェエンツォ)
所在地:埼玉県川口市芝4-7-26 
電話番号:048-234-9460
営業時間:昼の部/11:00~15:00、夜の部/18:00~24:00
     ※土曜日、日曜日、祝日は11:00~24:00
定休日:水曜日
https://www.facebook.com/pages/CAFE-ENZO..



PAGE
TOP