アルカイク

 

アルカイク
アルカイク

本場フランスの伝統的なお菓子づくりの経験を生かし、造形的にも美しい作品を提案し続けている地域を代表する洋菓子店「アルカイク」。2012(平成24)年に戸塚安行から現在の店舗へと移転した後も、地域のニーズに応える魅力あふれるお店づくりがますますファンの心を掴んで離さないようだ。

アルカイク
アルカイク

さいたま市と東川口とを結ぶ通称“オリンピック通り“の「戸塚三丁目」交差点近くに、ワインカラーを基調とした落ち着きある佇まいのお店を発見した。大人のための上質な空間を思わせる店内には、彩り豊かな生菓子やマカロンのほか、甘い香りを放つタルトやパンが並べられ、感性に訴えかける魅惑的な空間が広がっている。

アルカイク 店内
アルカイク 店内

“地域にとってより身近な存在としてのお店”を志向する店主が、近年ラインナップを充実させているのが店内中央に並べられているパンの数々。日常生活に根ざした「食パン」や「バゲット」のほか、洋菓子職人ならではのセンスが感じられるデニッシュやタルト、また「きなこあんぱん」や丹波産の黒豆を使用した「黒豆パン」など創作パンも多く、シェフの遊び心も伝わる幅広いラインナップに魅力を覚える。

タルト
タルト

都内や遠方からのファンも多い同店には、2席×2卓のカフェスペースも設けられているため、作りたての生菓子やパンをその場でいただくこともできる。地元東川口の珈琲豆専門店がシェフの生菓子に魅了されてブレンドしたという同店オリジナルコーヒーとの相性も良く、充実したひとときを過ごせるだろう。渡仏した際に手に入れたという食器の風合いも印象深く、空間づくりにも生かされたシェフの美意識に名店として親しまれているお店ならではの奥深さを感じる。同店の屋号を冠した生菓子「アルカイク」は一年を通じて楽しめるファンの多いひと品で、外側はサクっと中はしっとりとした食感にアーモンドとクリームのそれぞれ異なる味覚が溶け合う存在感のある作品だ。

シェフの感性に魅了された人は誕生日や記念日を彩るホールケーキにもぜひ注目したい。ショーケースの中央にディスプレイされたホールケーキの繊細なクリームの搾り方を眺めるだけでもその美しさに気持ちが華やぐだろう。一部の商品は当日の注文にも応じてくれるようで、記憶に残る大切な一日を演出してくれるだろう。

アルカイク
所在地:埼玉県川口市戸塚4-7-1 
電話番号:048-298-6727
営業時間:[平日、土曜日]9:30〜19:30、[日曜日]9:30〜19:00
定休日:木曜日



PAGE
TOP