食処 渓

食処 渓
食処 渓

フレンチやイタリアンの美味い店は比較的一致するのに、ラーメンの好みは「十人十色」と言われる。だから参入はたやすくても、その中で生き残り、勝ち抜いていくのは難しい。

そんな生き馬の目を抜くような移り変わりの激しい業界を、脱サラから独学で人気店にのし上がった店がある。

JR川口駅から北へ10分足らず。アリオ川口の向いにある「食処 渓」だ。もともとは、「つけ麺」のお店としてオープン。それがたちまち人気になると同時に、メニューのバリエーションとしてあった「まぜそば」の人気も上昇。現在では2店舗に分け、向かって右側がつけ麺のお店。左側が、まぜそば専門の店舗となっている。

それにしても、ここに来るまでわずか1年ちょっとだったそうだから、いかに人気なのかがうかがい知れる。

食処 渓2
食処 渓2

店舗内はというと、つけ麺店の方は厨房周りと窓際にカウンターがあり、白を基調としたいわゆるラーメン屋さんといった感じ。

一方まぜそば店の方は、鰻の寝床のような細長い店内に、厨房に背を向け壁を見つめて食べるカウンターが設置されているという面白いつくりで、厨房の前にもカウンターはあるが、こちらはコップや水、それにスープ割りのポットが占領しているうえ、配膳場所にもなっているので食事には使わない。

食処 渓3
食処 渓3

さて注文だが、せっかく2店舗に分かれているのだから、ここは“つけ麺”も“まぜそば”も両方味わなければならないだろう。そこで「よしっ!」と心を決め、「渓つけ麺」と「まぜそば」を頂くことにした。

1 2 3 


PAGE
TOP