らんちカフェ木ぐらし

4種類の惣菜が楽しめるプレートランチを目当てに、連日多くの人が訪れる
4種類の惣菜が楽しめるプレートランチを目当てに、連日多くの人が訪れる

埼玉高速鉄道「戸塚安行」駅から徒歩約20分。2015(平成27)年にオープンした「らんちカフェ 木ぐらし」は、木造民家をリノベーションした「きぐらし館」内にあるカフェ。川口市内で木製家具・雑貨の展示販売を手掛ける「木風堂(きっぷうどう)」が所有する建物で、立派な木がふんだんに使われているのが特徴だ。

季節の花が咲き乱れる庭を通って入り口へ
季節の花が咲き乱れる庭を通って入り口へ

玄関は吹き抜けの三和土(たたき、川砂・石灰・塩の3種の材料を混ぜてたたき固めた土間のこと)になっていて、木組みや2階まで伸びる薪ストーブの煙突を見ることができる。靴を脱いで上がったカフェスペースには、ケヤキの木から切り出した一枚板の大きなテーブルがあり、手作り感いっぱいの丸太の椅子が並ぶ。

木材の自然美と手作り感にあふれる、素朴な雰囲気の店内
木材の自然美と手作り感にあふれる、素朴な雰囲気の店内

ごはんメニューは、地元野菜をふんだんに使ったプレートランチ1種類。旬のもの、新鮮なものを使うことにこだわり、内容は毎日変わる。様々な種類の惣菜を少しずついただけるだけでなく、「おふくろの味」というコンセプトを裏切らない、ほっとするような優しい味付けがうれしい。毎月第2金曜日はバイキングを行っており、1時間1,300円で楽しめる。

カウンター内の様子も見えて安心だ
カウンター内の様子も見えて安心だ

スタッフの方々は揃って気さくで話上手。料理のことなど、気軽に話しかけられるオープンな雰囲気がいい。自家焙煎のコーヒーも人気があり、これを目当てに来る常連さんも多いとのこと。敷地内にある焙煎スペースで程よく炒った挽き立てのコーヒーは香りが良く、酸味と苦みのバランスが抜群だ。

子連れのお客様などには、畳の間を提供することもある
子連れのお客様などには、畳の間を提供することもある

1階の畳の間と2階のフロアは貸しスペースになっている。利用料は部屋によって異なるが半日1,000円~利用できる。ちょっとしたイベントに便利で、地元の人々に重宝されている。1階の畳の間は、小さな子どもを連れたママなどにカフェスペースとして使ってもらうこともあるという。

らんちカフェ木ぐらし
所在地:埼玉県川口市安行944-2 
電話番号:048-229-2153
営業時間:11:00~16:00
定休日:水・日曜日
http://kigurashi.wix.com/kigurashi



PAGE
TOP