所沢市立南小学校

明治時代初期に開校して以来の長い歴史を持つ伝統校、「所沢市立南小学校」。かつては当時存在した村の名を採って「吾妻小学校」と称していた。現在は「所沢」駅南側に広がる閑静な住宅地を主な通学区に定める。市内でも人口の多い地域であり、800名を超える児童が通う大規模校でもある。活気に満ちた学内では、「主体的に学ぶ」ことを大切にした教育活動が行われており、特に道徳教育や外国語活動、地域性を活かした総合的学習 .....


PAGE
TOP