天覧山

天覧山

「天覧山」は飯能市街地の北西にある山で、奥武蔵自然歩道の基点となる県立奥武蔵自然公園の玄関口になっている。195メートほどの低山で山というよりは丘陵という風情だが、頂上からは飯能市街を一望できる絶景が人気。

古くは“愛宕山”、その後“羅漢山”と呼ばれていたが、明治天皇がこの山で陸軍演習を統監したのをきっかけに、「天覧山」という名前が付いた。西の多峰主山(とうのすやま)へ登って本郷へ下りる、約2時間のハイキングコースが整備されており、春は桜、秋は紅葉の名所として多くの人で賑わう。山腹には徳川綱吉の母、桂昌院が奉献した十六羅漢石像が奉られている。

天覧山
所在地:埼玉県飯能市飯能 
http://www.city.hanno.saitama.jp/0000001..



PAGE
TOP