本庄児玉IC

関越自動車道のインターチェンジ「本庄児玉」ICは、本庄市の陸の玄関口だ。名称は、開業した当時、本庄市と、本庄市に合併する前に存在した旧児玉町の市境上にあったことにちなんでいる。上り線も下り線出口もともに、国道462号に接続し、一般道に出た後は4車線の広い道が続くため、群馬県方面など県外から来て利用するドライバーも多い。そのため、開業当時から混雑することが多かったが、出口車線が延伸されて以降は、渋滞 .....


PAGE
TOP