シェ・ウメツ

シェ・ウメツ/メインアップ
シェ・ウメツ/メインアップ

言うなれば、「カスカベーゼの御用達」ということだろうか。

シェ・ウメツ
シェ・ウメツ

白金の奥さまはシロガネーゼ、二子玉川の奥さまはフタコマダム、ならば春日部の奥さまは、敬意を表してそう呼ばせていただきたい。そしてそんなカスカベーゼの方々がランチを楽しみ、おしゃべりで午後のひとときを過ごすにはうってつけのビストロ、それが「シェ・ウメツ」ではないかと感じたのである。

シェ・ウメツ/メニュー
シェ・ウメツ/メニュー

お店を訪ねたのは平日の午後だったが、テーブル席は満席状態。しかも全員、女性。「御用達」っぷりが、そこでわかるというものだ。そしてカスカベーゼの方々は、決して飾らず、笑い声をこちらに聞かせたいかのようにしながら、お友だちとの会話を楽しんでおられる。この飾らないでいられる空気感は、シェフが腕を奮ったランチを食してみて、メニューのひとつひとつがそうさせるのだと気づかされた。

1 2 3 


PAGE
TOP