入曽駅

西武線の中で最も古くからある駅のひとつで、西武新宿線の急行・準急停車駅である、入曽駅。明治時代中頃に、西武線路線の中で最も古い西武国分寺線の開通と同時に開業した。茶どころ・狭山市の中の駅でもあり、駅周辺には茶畑が広がる西口を中心に、狭山茶にちなんだ商品を販売する店が営業している。東口も昔ながらの個人商店が多い、古くからの穏やかな街並みが続いている。朝夕のラッシュ時はおよそ10分間隔で列車が発着し、 .....


PAGE
TOP