狭山市駅

狭山市の玄関口で、西武新宿線の特急停車駅でもある「狭山市」駅。休日・平日問わず、「レッドアロー」「小江戸号」の名称で親しまれる西武線の特急列車が停車する。明治時代から存在する、西武線の中で最も古くからある駅のひとつで、当時は「入間川」駅と呼ばれていた。現在の駅名は、駅ビルが開業した年に改称されたもの。駅ビルは、明るく開放的な狭山市を表現する新駅舎への改築と同時期に「Emio」に変わり、併せて駅周辺 .....


PAGE
TOP