さいたま水族館

さいたま水族館
さいたま水族館

「さいたま水族館」は、東北自動車道「羽生」パーキングエリアの少し南側に位置する「羽生水郷公園」の中に1983(昭和58)年にオープンした。「羽生水郷公園」は、三田ヶ谷池をはじめ水生植物がたくさん生殖する水生植物園や、水鳥や植物を観察できる池など、生物と自然をテーマとして整備された公園。その中の1施設として、「さいたま水族館」では荒川に棲む70種類の生き物を展示している。埼玉県では86種類もの魚が採捕されていて、そのうちの展示可能な約70種類を中心に展示しているというから、埼玉の魚がここに来ればほとんど観られると言っていいだろう。

館内では約200km続く荒川をコンパクトに収縮し、上流から河口域までの流れに沿って展示されている。荒川の上流とは、源流から秩父市付近まで。流れが速く大きな岩があり水が澄んでいるので、イワナやヤマメ、サンショウウオなどが棲んでいる。中流は、秩父市から熊谷市付近まで。ここではイモリやカワムツ、ウグイなどが棲んでいる。下流は熊谷付近から東京湾の河口まで。水量も多く流れはゆったりとしているので、コイやフナ、ナマズ、ウナギなどが棲んでいる。

このように流れの中でそれぞれの水域に棲む魚たちを観察できるが、その脇には水槽も置かれていて、上流の水槽ではサワガニやホトケドジョウ、中流の水槽ではシマドジョウやギバチ、下流の水槽ではドジョウやカワアナゴなども観察できるようになっている。また、陸地に棲むカメや、タガメやゲンゴロウなど水の中に棲む昆虫も展示されていて、身近な生き物がたくさん見られるのも面白い。

館内
館内

館内では、観察するほかにタッチングコーナーもあり、イシガメやクサガメ、アメリカザリガニに直接触れることもできる。また、日曜日などには、ぬるぬるするウナギに触ったり、チョウザメにエサをあげて食べる様子を観察するイベントも。さらには、サケの遡上やムジナモの生息地などを巡るバスツアーや水族館の裏側探検や公園の水生生物を採取するといった大型イベントも随時開催される。

「さいたま水族館」は、文化教養型レクリエーションの一部として、身近な魚たち、珍しい魚たちにたくさん出会え、そして学べる場所だ。

さいたま水族館
所在地:埼玉県羽生市三田ヶ谷751-1 
電話番号:048-565-1010
開館時間:9:30~17:00(12月と1月は~16:30)※入館は終了時間の30分前まで
休館日:月曜日(12月は月・火曜日)、年末年始
http://www.parks.or.jp/suizokukan/index…



PAGE
TOP