下新倉氷川八幡神社

下新倉氷川八幡神社

和光市にある「下新倉」の地名は、かつてこの一帯が「下新倉村」と呼ばれていたことに起因する。「下新倉氷川八幡神社」は、この地の鎮守様として千年以上も村を守り続けてきた神社。平安時代後期に、土地を守る八幡宮として創建されたと伝えられている。江戸時代には、武蔵野の地の神様である氷川神社も合祀された。和光市指定無形文化財の「ささら獅子舞」はこの神社の奉納行事。室町時代に始まったと言われる、市内唯一の獅子舞は、地元の青年会によって古式ゆかしい姿で信仰とともに今に受け継がれている。

下新倉氷川八幡神社
所在地:埼玉県和光市下新倉3-13-33 
電話番号:048-464-5376

和光市のitot


PAGE
TOP