野火止用水跡遊歩道(新座市東北付近)

野火止用水遊歩道
野火止用水遊歩道

玉川上水から新河岸川に至る、全長約24キロメートルにも及ぶ用水路。志木周辺では、志木駅南口から平林寺へ向かう道の下を流れている。江戸時代の老中松平伊豆守信綱が、乾燥した台地のため生活用水に困っていた領内の野火止に玉川上水からの分水を将軍より許され、莫大な工事費用をかけて掘られた水路である。子々孫々まで利用されるならこの工事費用は安いものだという老中の決断により開かれた水路は、その後開墾された野火止台地の人々の生活用水として、また農業用水として、この地を潤してきた。

野火止用水跡遊歩道(新座市東北付近)
所在地:埼玉県新座市東北2 ほか



PAGE
TOP