自家焙煎珈琲屋 どんぐり

自家焙煎珈琲屋 どんぐり
自家焙煎珈琲屋 どんぐり

とんがったドーム屋根のログハウスで、気持ちよくコーヒーを味わえる名店。コーヒー通の間でも評判が高い「どんぐり」があるのは、チェーン店が並ぶ何気ない県道沿いだ。

ひときわ目立つとんがり屋根は、カナダの木材から造ったということですべてが木材。見かけだけではない。本物の「ログハウス」だ。

自家焙煎珈琲屋 どんぐり
自家焙煎珈琲屋 どんぐり

店内に一歩入ると、高い天井の心地よい空間に、これまた軽やかで心地よい、コーヒーの香りが漂っている。

同時に迎えてくれるのは、白髪交じりの笑顔のオジサン、自称「どんぐりおやじ」こと竹花店主と、同じように笑顔の絶えない奥様だ。

普通、この手の喫茶店といえば、タバコ好きな男性が多く、どうしても煙たい空気になってしまいがち。だが、この店はクリーンで居心地がいい。まるで別荘か山小屋にでも来たような感覚だ。

自家焙煎珈琲屋 どんぐり
自家焙煎珈琲屋 どんぐり

竹花氏はもともとサラリーマンだったそうだが、30年前に脱サラ。何でもいいから商売を始めないと、と焦ってこの「どんぐり」を開店したという。当初は食事もアルコール類も出し、お客さんのニーズに合わせていたが、当時提供していたコーヒーは、「自分では胸やけがして飲めなかった」そうだ。

そんな竹花氏だったが、ある日、焙煎したばかりの新鮮な豆を使ったコーヒーに出会い、コーヒーの魅力に開眼。それ以来20年間、毎日自身の手でコーヒー豆を焙煎し、“本物を知るコーヒーファン”の間で、口コミで評判を集めていった。豆は通信販売もしているが、今では全国各地に「どんぐりファン」がいるそうだ。

1 2 3 


PAGE
TOP