八潮中央公園

八潮中央公園

子どもたちがいつも楽しげに遊ぶ姿が見られる八潮中央公園。子どもだけではなく、たくさんあるベンチでおしゃべりを楽しんだり、1周324メートルのトリムコースを走って軽く汗を流す大人たちの憩いの場にもなっている。八潮の中心部にありながら緑も多く、春には市内有数の桜、特にソメイヨシノの名所となっている。中でも、アメリカ・ワシントンのポトマック公園から海を越えてやってきた「里帰り桜」は見もの。ほか、入り口にたたずむ彫像「やっちゃん」や、八潮の特産品であった浴衣をモチーフとしたオブジェ、円形の野外ステージなどがあり、野外ステージは1992(平成4)年度、建設省による「手づくり郷土賞『ふるさとの色と光』部門」に選ばれている。

八潮中央公園
所在地:埼玉県八潮市中央1-9