八斗蒔やぶ

現在のつくばエクスプレス「三郷中央」駅周辺地域は、その昔「八斗蒔(はっとまき)」と呼ばれていたという。そんな地に根づいた名前を掲げて地の人とともに歩む蕎麦店が「八斗蒔やぶ」だ。以前は「やぶそば」の名前で親しまれていたが、区画整理で現在の場所へ移転した際に変更したそう。 移転前も含めると地元で40年続く蕎麦店だが、現在のお店はシックでシンプルな、カフェを思わせるデザイン。木目の落ち着いたトーンに出迎 .....


PAGE
TOP