鶴ヶ島IC

鶴ヶ島IC
鶴ヶ島IC

埼玉県鶴ヶ島市にある「鶴ヶ島IC」は、関越自動車道の始発点である練馬インターチェンジから数えて5番目のインターチェンジで、1975(昭和50)年の川越ICから東松山ICまでの開通に伴い供用が開始された。

東武東上線の「坂戸」駅にも近く、坂戸市との境界に近い位置にあり、国道407号へそのまま接続している。

首都圏中央連絡自動車道(圏央道)にも似た名前のインターチェンジがあるが、そちらは“圏央鶴ヶ島IC”なのでご注意を。

鶴ヶ島IC
所在地:埼玉県鶴ヶ島市脚折町5-27-1 



PAGE
TOP