二郷半領用水

二郷半領用水

埼玉県南東部の松伏町金杉地先の江戸川から吉川市を通る、「二郷半領用水」。三郷市戸ヶ崎地先の第二大場川に続く用水路として知られている。用水路の延長は16.7キロメートルあり、受益面積は1,800ヘクタール。かつてこのエリアが二郷半領と呼ばれていたことに由来し、早場米の産地だったという。用水路沿いは春には桜が咲き誇り、吉川市内の桜の名所として地域の人たちにも広く知られている。

二郷半領用水
所在地:埼玉県吉川市保1