料亭 糀家(こうじや)

吉川の街は、川とともに発展してきた歴史を持つ。川に囲まれた肥沃な土地では稲作が早くから盛んになり、江戸時代には川を使って幕府に年貢米や商品米を運んだという。自ずと、川の文化が隆盛となり、川魚料理も発展してきたのだという。駅に金のなまずのオブジェがあるのは、なまず料理が吉川の名物になっているためだ。

料亭 糀家
料亭 糀家

創業400年の料亭糀家も、当然ながらそんな川魚料理が主体の和食の老舗である。なまず料理やうなぎ料理は、もちろん看板メニューだ。ならばやはり、名物と言われるなまずを食してみなくてはいけないだろうと思い、なまず天ぷら御膳をいただくことにした。

料亭 糀家
料亭 糀家

なまずの天ぷら、なまずのたたき揚げ、なまずの玉子の煮付け、なまずのつくねが入った赤出しのおみそ汁…。なるほど、なまずづくしである。これほどまでになまず料理のバリエーションがあるのか、と驚かせられながら、一つずついただいてみる。

料亭 糀家
料亭 糀家

まずは、なまずの天ぷらである。思った以上に、くせのない味わいでするり、と喉を通っていく。白身魚のような淡白さで、さっぱりしているのである。それでいて、噛みしめてみるとどこか味わい深い雰囲気が口中にただよってくる。なかなかやるな、なまず、という気分である。

1 2 3 
吉川市のitot


PAGE
TOP