臨済開宗三富山 多福寺

臨済開宗三富山 多福寺
臨済開宗三富山 多福寺

1696(元禄9)年、時の川越藩主・柳沢吉保が三富新田開拓民への菩提寺にと建てられた「多福寺」。三富とは、上富村(現・三芳町)、中富村と下富村(現・所沢市)を中心とした地域のことで、出身地の違う者たちが農村としてのまとまりや連帯感を養えるよう建立したといわれている。境内には、農民に時を告げてきた銅鐘(埼玉県指定有形文化財)、元禄の井戸、穀倉、吉保直筆の「参禅録」などが現存。春には枝垂れ桜、秋には紅葉が美しい。

臨済開宗三富山 多福寺
臨済開宗三富山 多福寺

臨済開宗三富山 多福寺
所在地:埼玉県入間郡三芳町上富1542 
電話番号:049-258-0837
http://www.town.saitama-miyoshi.lg.jp/ka..

三芳町のitot


PAGE
TOP