松月庵 (しょうげつあん)

蕎麦と天ぷら
蕎麦と天ぷら

武蔵野線市川大野駅を下車し、徒歩7分ほど歩くと見えてくる大きな日本家屋。その横には、「手打ちそば」という大きな看板が掲げられ、店名には「松月庵 (しょうげつあん)」とある。ここは、県内のそば百選にも選ばれている人気の蕎麦処だ。松戸の稔台にある「松月庵」は、本店にあたる。使っているのは、長野県安曇野の契約栽培農家の物を筆頭に、茨城や福島、北海道など日本各地から取り寄せた「玄そば」。収穫された実は、低温冷蔵保存され、店舗内で自家製粉石臼挽きしているそう。もちろん、蕎麦は手打ち。開店前の店内(入り口正面の部屋)では、一心に蕎麦を打つご店主の姿が見受けられる。

ご店主
ご店主

設けられている客席は、8席の椅子席と5卓のお座敷。一つ一つのテーブルの間隔は広くとられており、他のお客さんが気にならない。一枚板のテーブルやアンティークな時計などインテリアにも細心の注意が払われており、長居したくなるような雰囲気だ。

内観
内観

お座敷に座り、品書きを拝見。蕎麦はいわゆる二八そばで、田舎そば(840円)や生粉打せいろ(840円・そば粉100パーセント)、うどん類なども用意されている。オリジナルとして、「変わりせいろ(840円)」なる物もあり、当日はそちらをオーダー。ちなみに、八月の変わりそばは、「生姜」。運ばれてきたお蕎麦を口に含んでみると、ほんのり微かに生姜の香りが。また、見た目は細めで繊細なイメージだが、風味や食感はしっかりしたものがあり、噛めば噛むほど蕎麦の甘さが感じられる。そばの中身はは毎月変化し、3月には桜、5月には抹茶といった具合に季節感を盛り込んだ蕎麦となるそう。

つゆは濃い目で、本鰹節を中心とした自然のダシで作られているそう。そば湯は、サラッとしたタイプ。そのため、つゆの味を殺すことなく、最後までダシの風味を堪能できる。

追加で「天ぷら」も注文。大振りの海老や椎茸、しし唐やナスが綺麗に盛られて出てくる。衣は薄く、カラッとした食感だ。特に食べ応えがあるのが海老で、20センチはあるだろうか。良く見ると、3等分にカットされている。ボリュームがある故の配慮だ。こうした一品料理は、その他にもたくさん用意されている。代表的な「そばがき(1,050円)」はもとより、「揚げそば(735円)や「そば豆腐(525円)」といったメニューもあり、それらは全て手作り。アルコールも各種揃っているので、一緒にいただきたいところ。

のれん
のれん

そのほか、温かいそば(うどん)も用意されており、天丼や親子丼、カレーといったご飯物もある。

外観
外観

メニュー例:
変わりせいろ…840円
そば豆腐…525円

松月庵 (しょうげつあん)
所在地:千葉県市川市南大野2-7-3 
電話番号:047-339-2019
営業時間:11:30~15:00、17:00~20:00、
11:30~20:00(土・日・祝日)
定休日:水曜日



PAGE
TOP