Kealaokawaihuila Hula haulau(ママフラサークル プルメリア)

Kealaokawaihuila Hula haulau
Kealaokawaihuila Hula haulau

市川市や浦安市で活動をするフラダンス教室「kealaokawaihuila hulahalau」。その中でもママたちが子連れでフラを楽しめるサークルとして12年前にスタートしたのが「プルメリア」だ。「南行徳市民センター」で活動を行っている。
今でこそ全国各地に広がる“ママ・フラブーム”だが、当時は子どもを連れて行かれるフラサークルはなかなか見つけられなかった。このサークルの主宰者にして講師の上野桜子さんは、ハワイアンバンドの父のたっての願いで45年前にフラを習い始めた筋金入りの“フラ・ガール”。

「当時は60年代末ですからね…フラの先生を探そうとしてもなかなか見つからなかったのですが、その当時、日本に2人しか存在しなかったフラダンサーのうちの1人に師事することになったのです。」

Kealaokawaihuila Hula haulau
Kealaokawaihuila Hula haulau

行徳に住んでいる上野さんは、結婚して子どもを生んでから、周囲で子連れOKのフラサークルを探したそうだ。「ハワイでは老いも若きも分け隔てなく浜辺や公園でフラを踊るものですから、子連れでも問題ないんです」軽い気持ちで“お子さんを連れてきてもいい”と言ってくれたところに参加したが、メンバーたちから「子どもが泣いて気になる」「連れて来られると困る」という声があったのだという。

Kealaokawaihuila Hula haulau
Kealaokawaihuila Hula haulau

時期を同じくして旦那さんの関西転勤の話が持ち上がり、大阪へ。そこで子連れで参加できるフラサークルに出会ったことが転機になった。先生はもちろん、メンバーも子どもに対して“抱っこしててあげるわ”“可愛いねぇ”とウェルカムな環境。この“お互いさま”という気持ちこそが、フラの思いであり真髄だと感じたそうだ。
その後東京への再転勤が決まった時、先生からフラを教えるように諭され、いわば暖簾分けのような形で「プルメリア」が誕生した。

Kealaokawaihuila Hula haulau
Kealaokawaihuila Hula haulau

「プルメリアは子連れでもマタニティでもどなたでも参加OK!ベビーカーのままでも入れますし、お子さんがぐずったら抱っこ紐をつけて踊るママもいます。」ママたちが練習中は、走り回って遊ぶ子や、練習スペースの片隅でタオルを敷いてスヤスヤお昼寝をする赤ちゃんなど様々だ。

Kealaokawaihuila Hula haulau
Kealaokawaihuila Hula haulau

今回取材した日はメンバーの誕生日会が開かれていた。クロワッサンを山積みにした上にキャンドルとキャラクターの旗、全員でハッピーバースデーを歌ってお祝い。「プルメリアは、メンバーが皆本当に仲が良くて、譲り合いや思いやりが浸透しているサークル」と上野さんも太鼓判を押す。

Kealaokawaihuila Hula haulau
Kealaokawaihuila Hula haulau

毎週木曜日午前中、1時間半~2時間のレッスンでは、月に1曲ペースで踊りを仕上げる。もちろん初心者でも大歓迎だ。「ママサークルではありますが、手足の動きの細かな部分まできっちり注意します。ママたちもレッスンとは別に自主練で集まってくれたり、皆さんやる気があっていいですよ!」イベントにも年10回程度参加し、目的を持って取り組むレッスンがママたちの向上心を刺激するようだ。
参加しているママたちは「木曜日は洗濯も掃除も早く終わらせなきゃ!と生活にメリハリがつく」「フラ仲間がいるお陰で育児も少し楽になる」「仲間や先生にも子育ての相談ができる」とキラキラした笑顔を見せてくれた。
ちなみに、スカートやTシャツもお揃いのものなど決まりは無いそうなので、出費が気になるママたちにも優しいサークルだ。

Kealaokawaihuila Hula haulau
Kealaokawaihuila Hula haulau

フラのたおやかな手の動きは、波や太陽などの自然や「あなたを愛しています」といった感情を表現し、動きの一つ一つに意味がある。曲を通じて古い物語が語り継がれ、ハワイアンの魂が込められたフラの伝統と格式は、次の世代に受け継がれていくものである。
「私はフラの講師として、踊りだけでなく、その動きの意味やフラの精神まで正統に伝えたいと思っています。ただ楽しくニコニコと幸せそうに踊るだけがフラではない。せっかくフラを習うのであれば、そんな風に深くしっかりと魅力を学んでほしいと思います。」と上野さん。この道45年のフラ伝道師の、溢れる情熱で指導を受けられることもこのサークルの大きな魅力だろう。

Kealaokawaihuila Hula haulau(ママフラサークル プルメリア)
所在地:千葉県市川市南行徳 南行徳駅前
活動日:木曜日(月3~4回)
会費:月会費4,500円、入会金5,000円
http://yaplog.jp/sakurako2010/



PAGE
TOP