カフェラミル

市川市のランドマーク的なショッピングセンター「ニッケコルトンプラザ」。グルメストリート2階にある「カフェラミル」は、上質のコーヒーを楽しめる大人のお店。「Ma Maison(マ・メゾン)」~おもてなしと自宅に招かれたような寛ぎを~をコンセプトに、お家のようにくつろいでゆっくり過ごす時間と空間を提供している。

「カフェラミル」を経営するのは株式会社LesDeux(レドゥー)で、首都圏を中心に13店舗展開する中の一つ。ニッケコルトンプラザ店は1988(昭和63)年に開店。以前は別の場所で営業していたが、2009(平成21)年に「ニッケコルトンプラザ」がリニューアルする際に移転した。

店内は南フランスの古民家がイメージで、装飾されている柱や梁は、実際に東北や長野の古民家で使われていたものを使用。装飾の置物やランプは本物のアンティークが使われ、ランプは19世紀の物で、値段はつけられないという。

コーヒーはホットが9種類、アイスが7種類。紅茶は9種類、他にココアなど4種類。アルコールも用意している。コーヒーは全てオーダーが入ってから豆を挽き、一杯一杯抽出している。挽き立てのため香りがよく、フレッシュな味わい。紅茶も一杯ずつ入れている。それらをウェッジウッドやリチャードジノリの食器で提供する。

ぜひ味わって頂きたいのが「スペシャルティコーヒー」。「カップオブエクセレンス(COE)」という賞がある。この賞は各生産国でその年の最高のコーヒーを選出するために、国内での厳しい審査を経た後、国際審査員によるさらに厳しい審査を経て、選ばれた豆だけに贈られる世界で最も権威のある賞だ。「スペシャルティコーヒー」は、このCOEの豆だけを使っている。豆の種類は約4か月ごとに変わるので、さまざまな国の最高のコーヒーを楽しめる。

アイスコーヒーは3種類用意している。オススメは「プレミアム カフェ グラッセ」。オーダーが入ってから豆を挽き、一杯分抽出して、氷で冷やして提供する。「ダッチコーヒー」は水出しで、半日かけて1滴ずつ抽出する。「カフェ グラッセ」はネルドリップで、すっきりした味わい。それぞれに特徴があるので、すべて味わって自分の好みを見つけるのも楽しい。

コーヒーと共に味わうケーキは常時7、8種類で、週末はさらに2種類増える。そのうち3種類が季節ごとに変わる。ハーフ&ハーフセットはハーフサイズのケーキが2種類とアイスクリーム、それにお好きな飲み物がついているので、いろいろ味わいたい方におすすめだ。

食事メニューもあり、人気なのはナポリタン。ウインナー、ベーコン、玉ねぎ、マッシュルームを使った、昔ながらの喫茶店のナポリタンだ。またパンケーキもついた「海老とアボガドのサラダ」や「ローストビーフのサラダ」は朝からやっているので、朝食にぴったりだ。

住宅街という場所柄、平日は主婦の方、土日は家族連れが多い。映画館があるので上映時間の前後はよくにぎわう。高級喫茶という位置づけのため、価格的にも10代、20代は少なく、本物の良さを知るお客さんに利用されている。

「地元の方々に愛されるお店を目指しております」と店長の小出大輔さんが言う通り、地元の常連さんが多いという。カウンターが指定席で、店員と話しをするのが好きだというお客さんもいる。なじみのスタッフとおしゃべりしながら、自宅にいるような空間として愛されている。

落ち着いたゆったりとした空間で、最高のコーヒーを味わってみてはいかがだろうか。

カフェラミル
所在地:千葉県市川市鬼高1-1-1 ニッケコルトンプラザ2階
電話番号:047-376-6510
営業時間:10:00~21:00(土・日曜日、祝日は22:00まで)
http://www.cafe-la-mille.com/



PAGE
TOP