Bistro Incontro(ビストロ インコントロ)

incontro-11.jpg
incontro-11.jpg

JRと京成線の船橋駅を背に、本町通りを右に曲がって直進。時間にして駅から徒歩で5~6分ほどの距離であるのに、周囲は駅の喧騒を忘れる住宅街に入る。そんな穏やかな場所の、まさに入り口付近に「Bistro Incontro(ビストロ インコントロ)」はある。

「ビストロ インコントロ」は、シェフが津田沼の「ブラッスリー マモル亭」にて6年間、その後は東京でさらにイタリアンの修業を経て2006年8月にオープンしたイタリアン・フレンチの店だ。50mほど先には鉄道の高架もあるのに、カウンター5席・テーブル20数席からなる程よい大きさの店内は驚くほど静か。ちょっとした個室のようなスペースもあり、とても穏やかな空間だ。

incontro-2.jpg
incontro-2.jpg

「ビストロ インコントロ」のメニューは毎日変わる。毎朝シェフ自らが市場へ行き、新鮮で旬な素材を選んでその日のメニューを決めるからだ。そのため行くたびに新しい皿に出合える可能性が高く、それを楽しみに来る常連さんも多いのだとか。

昼はほぼコース料理が中心で、夜は一品料理のア・ラ・カルトとなる。パンは自家製なのだが、オーブンの大きさの関係で焼ける数が限られており、ほとんど夜限定メニューとなっている。

1 2 3 


PAGE
TOP