パティスリー ユイピリエ

パティスリー ユイピリエ
パティスリー ユイピリエ

東松戸郊外の住宅地に3年前誕生した小さなケーキ屋さんがここ「ユイピリエ」だ。ローマ字標記では「Huit Pilier」となる、一風変わったこの店名は、この地の地名「八柱」にちなみ、フランス語の「Huit」=8、「Pilier」=柱を組み合わせたもので、「地元に密着した店でありたい」という想いが込められているそう。

店を営むのは仲むつまじい矢野夫妻。ご主人が製造を、奥さんが接客や店のコーディネートを担当している。シェフはもともと中華の超名門・四川飯店で10年以上も腕を磨いた人物でもあり、「中華料理店を開けば、今ごろもっと儲かっていたかもしれませんね」と笑う。

パティスリー ユイピリエ
パティスリー ユイピリエ

しかし矢野氏はある時、東京・代官山の有名パティスリー「イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ」のフランス菓子に出会い、その世界の奥深さに開眼。それからは同店のチーフパティシエである弓田亨シェフの製菓教室に3年間通い詰め、自らの店を持つことを決意。最後には代官山の店にも立ち、その製法を徹底的に学んだ。「ユイピリエ」に並ぶケーキ達は、この名店の味、すなわち弓田氏のレシピをもとに、松戸のライフスタイルに合わせてアレンジ。気軽に楽しめる「近所のケーキ屋さん」として、市民を中心に口コミで評判を広げている。

パティスリー ユイピリエ
パティスリー ユイピリエ

1 2 3 


PAGE
TOP