矢切神社

矢切神社
矢切神社

北総線「矢切」駅から徒歩6分ほどの場所に位置する「矢切神社」。1704(宝永元)年の江戸川の水害を機に、矢切村に設けられた3つの神社のひとつ。上矢切の「神明神社」、中矢切の「香取神社」、そして下矢切の「矢切神社」と地域の鎮守社として親しまれている。年始の初詣や桜まつり、8月の夏まつりなど地域の家族連れで賑わっている。また毎年10月中旬には例大祭も行われ、宵宮では演芸大会、翌日の本宮では各町会の御輿渡御が行われる。

矢切神社
所在地:千葉県松戸市下矢切332 



PAGE
TOP