松戸市立病院

1950(昭和25)年、松戸市小山浅間台に開院した「松戸市国民健康保険病院」。1967(昭和42)年に現在の地に移転すると同時に「松戸市立病院(国保松戸市立病院)」と改称。今もなお松戸の基幹病院としての役割を果たし続けている。 また、1972(昭和47)年には未熟児養育機関として認定され、1983(昭和58)年、新生児科、小児科、小児外科の小児医療センターを設立、小児医療にも注力してきた。1985 .....


PAGE
TOP