戸定が丘歴史公園

「戸定が丘歴史公園」は、JR・新京成線が乗り入れ接続駅になっている「東松戸」駅から徒歩約10分ほどの場所にある風光明媚な公園。 園内には、将軍徳川慶喜の実弟であり、最後の水戸藩主の11代目徳川昭武が明治時代になって住んだ「戸定邸」と、その庭園を中心に、徳川家伝来の資料や貴重な写真が展示された「戸定歴史館」がある。 庭園は、和洋折衷式になっており、四季折々の変化を楽しめる。静かに過ごしたい人のための .....


PAGE
TOP