宗吾霊堂

宗吾霊堂

京成電鉄本線「宗吾参道」駅下車、徒歩約10分。江戸時代に物語や芝居で、義民として人気のあった佐倉惣五郎を祀った「宗吾霊堂」は、「東勝寺」の境内にある。

佐倉惣五郎は下総国印旛郡公津村の名主。江戸時代前期の人と言われているが、生没年は未詳である。当時、公津村は堀田氏の佐倉藩に属しており、村民たちは苛政にあえいでいた。見かねた惣五郎が、四代将軍の徳川家綱に直訴し、苛政は収まったが、惣五郎夫妻ははりつけにされ、子どもも死罪となった。その後、堀田氏は惣五郎を崇拝するようになり、現職を解いたという。

「東勝寺」の境内には、佐倉惣五郎の生涯を66体の人形で表現した宗吾御一代記館が建っている。

宗吾霊堂
所在地:千葉県成田市宗吾1-558 
電話番号:0476-27-3131
宗吾御一代記館
入館料:大人700円、子ども400円
休館日:月曜(祝日の場合は翌火曜)
http://www17.ocn.ne.jp/~sougorei/



PAGE
TOP