千葉県我孫子市

茨城県との県境にあり、利根川と手賀沼に挟まれた地の利と、国道と鉄道2路線が交差する交通の要衝という地の利を活かして、古くから栄えてきた千葉県我孫子市。手賀沼の水辺と自然の織りなす景観の美しさから、明治時代から昭和初期にかけては「北の鎌倉」と呼ばれるほどの別荘地になり、明治時代に活躍した白樺派の文人が好んで別荘を構えた。現在でも市内には、別荘または邸宅に使われた建物が現存し、我孫子市の名所旧跡として .....


PAGE
TOP