つけ麺目黒屋

千葉でその名を知られた「津田沼 必勝軒」で、3年半以上腕を磨いた実力派の店主が独立開業したお店「つけ麺目黒屋」。素材本来の味を引き出すため、すべてのスープは前日から大量の昆布で基本のダシを取り、化学調味料を使わない無化調スープに仕上げている。 看板メニューの「冷つけ麺」は、ベースのスープに鶏ガラ、豚ガラ類をを入れ、材料が粉々になるまで炊き出した濃厚スープと、さまざまな貝類を隠し味にした繊細な清湯雪 .....


PAGE
TOP