酒蔵&Restaurant 漸蔵 ZENZOU

漸蔵2

新鎌ヶ谷駅の目の前にある、ショッピングモール「アクロスモール新鎌ヶ谷」の中あり、昼はカフェレストランで夜は居酒屋になる、「酒蔵&Restaurant 漸蔵ZENZOU」。

アクロスモールの2階ににあるそのお店は、外観はデパートなどのテナントによくある普通のレストラン。サンプルショーケースの中のメニューを見ても、オムライスや鶏の唐揚、豚肉の生姜焼き、ラーメンなど、お馴染みのメニューが並んでいる。しかし、その下にあるショーケースには、日本酒や焼酎の名品がズラリと並んでいるところを見ると、夜には結構気合の入った居酒屋に変身するのかもと思いながら店内へ。なるほど、店内はレストランというよりは居酒屋と言う感じで、かなり雰囲気がある。そんな雰囲気を察してか、「夜になると店内の照明が変わるんで、かなりムーディーになりますよ」と店長。んー、ショッピングモールの中のムーディーな居酒屋というのはなかなか想像しづらいので、次回は夜に訪れてみよう。

漸蔵3

さてメニューだが、表のショーケースで見たように洋食から和食まで色々な味が楽しめるようだ。そこで、売れ行きの1位、2位を争っているという「やみつきラーメン」と、ふわトロ~の「オムライス」を頼むことにした。

漸蔵5

「やみつきラーメン」の味には、まったりスープの“白”と辛いスープの“赤”があるが、今回は赤を注文。そして「オムライス」はトマトとホワイトのダブルソースにした。

まず登場したのが「やみつきラーメン・赤」。保温性の高い石鍋の中で、ポコポコと沸騰したままの赤い濃厚なスープから、溶岩を思わせるような牛のスジ肉が顔を覗かせ、まるで火山の火口を覗いている気分にさせるラーメンである。そして確かに辛そうだ。

漸蔵6

「よしっ!」と覚悟を決めて、麺を持ち上げ一口すする。うーむ、辛い。辛いのだが甘い。

つまりこうだ。このラーメン、味付けは辛い。だが、ただ辛いだけじゃなくて深い味付けがされている。そして、牛スジがトロットロになるまで煮込まれて脂が溶けているので、後味になんとも心地よい甘みが残ると言うわけだ。そして真ん中に浮いている温泉卵を割って絡めると、まったり感が余計に増して食べながらにして食欲が増進。麺は太くストレートなタン麺用の麺だそうだが、これがまたスープを絶妙に絡めるうえに非常に良くマッチしていて、スープの味を引き立たせている。つまり「やみつきラーメン」の正体は、十重二十重に手の込んだ、激旨「牛スジ煮込みラーメン」だったのだ。

店長曰く、麺を食べ終わった後にスープの中にご飯を入れて食べる人が多いそうだが、その気持ち大いにわかる。ザクザクと掻き込みたい気分にさせるスープだ。

1 2 


PAGE
TOP