山王日枝神社

厄除け、縁結び、さらには商売繁盛や社運隆昌の神として信仰されている「山王日枝神社」は、かつて「山王社」と称されていたことから「山王さん」の名で親しまれている。江戸時代には、徳川家の篤い崇敬のもと、将軍世嗣や子女及諸大名の社参など、江戸城の鎮守としての役割を担っていたと伝えられている。御祭神は大山咋神(おほやまくひのかみ)で、国常立神(くにのとこたちのかみ)、伊弉冉神(いざなみのかみ)、足仲彦尊(た .....


PAGE
TOP