平河天満宮

皇居近くに佇む天神様、「平河天満宮」。1478(文明10)年に、当時の江戸平河城主であった太田道灌が、学問の神・菅原道真の夢を見て江戸城本丸内に勧請したのが御由緒とされる。徳川家康の入城後、現在の地に移築されてからも、他の神社とは別格で遇され、紀州藩徳川家、彦根藩井伊家の祈願所にもなった。参詣者が必ず触るのは、狛犬ならぬ狛牛、牛の像。祭神である菅原道真が牛を可愛がったことによるもので、気になる箇所 .....


PAGE
TOP