千鳥ヶ淵戦没者墓苑

『くにのため いのちささげし ひとびとの ことをおもへば むねせまりくる』。これは、「千鳥ヶ淵戦没者墓苑」創建の年に昭和天皇から下賜された御製(天皇自らがお作りになった和歌)である。 先の大戦で犠牲になった無名戦没者の墓は、戦後時を経た今も日本人の心をしめつける。入口から靖国通りまで伸びる千鳥ヶ淵緑道、その前にある千鳥ヶ淵ボート場、春に満開のソメイヨシノを見ながらボートを漕ぐ今の平和な光景、これら .....


PAGE
TOP